早期発見が難しい病気|女性の象徴を取り除いてでも乳癌を治療するべき
看護師

女性の象徴を取り除いてでも乳癌を治療するべき

早期発見が難しい病気

辛そうな女性

食生活が大切

消化器のひとつに十二指腸というものがあります。どのような働きがあるのでしょうか。十二指腸は、胃と小腸の間にあります。胆汁や消化液である膵液がここで分泌されます。胃酸を中和する場所でもあります。では、十二指腸がんになってしまったらどのような症状があるのかと言うと、初期ではほとんどありません。進行すると、吐き気や体重減少、黄疸が出ます。十二指腸がんが発生することは多くなく、原因もはっきりとわかっていません。ですが、良性の腫瘍からがんになることがあります。なので、ポリープを作らないようにすることで、十二指腸がんの予防ができます。ポリープを作らないようにするには、ストレスと食生活が大事になってきます。

注目されている治療法

十二指腸の病気で有名なのは、十二指腸潰瘍ですが、潰瘍からがんになることはないといわれています。しかし、十二指腸のがんと潰瘍では、同じ症状もあるので検査が必要です。検査では潰瘍に見えても見た目だけではわからないこともあり、完治するまで検査を受けることが大切です。十二指腸がんは、早期で発見されると手術が可能ですが、進行していると抗がん剤治療を行います。最近では、治療法が増えていて、体内にあるNK細胞を利用した方法があります。この細胞は悪性の細胞を攻撃する性質があり、NK細胞を増殖することでがんの治療を行うというものです。体への負担が少ないなどの理由で注目されています。十二指腸がんは、食生活と検診が、予防と早期発見となります。